アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

上達の方法

ビリヤード場

アミューズメントスポットやインターネットカフェなんかにも近頃はできるところがあります。
麻雀なら、雀荘やネット麻雀が手軽です。
牌を買って、自宅でいつでも麻雀をできるようにしてもよいでしょう。
ある程度数をこなしたら、今度は上手い人と一緒にやることをお勧めします。

やはり上手い人は下手な人に比べてなにかしら技術や知識をを持っています。
それを、一緒にやりながら教えてもらったり、時には盗んだりしながら上手くなっていくのが一番の近道です。
ビリヤードは一人ではできませんが、ダーツや麻雀は、一人でもネットを通じて全国のいろんな人と対戦が可能なので、もしこの三種類のどれかをやってみようという人には、ダーツか麻雀がおすすめです。
このような遊びを知っておくと、いろんな出会いがより増えますし、話題の一つにもなるので、物は試しで一度やってみてはいかがでしょうか?一度きりの人生、いろいろ挑戦をして楽しまないと損ですよ。

上手くなるためには

ダーツ

一般的には、ダーツ、麻雀、ビリヤードは、ちょっとした大人の遊びとして世間に定着しています。
一時はブームもありました。

大人になってこういう遊びに誘われた時に、やっぱり下手よりは上手くなりたいですよね。
男性なら、その場に女性がいたら多少は良い格好をしたいでしょう。
そんな人のために、上手くなる方法をお教えします。
一番シンプルで誰にでもできる方法は、数をこなすことです。
ダーツ、ビリヤードならダーツバーやビリヤード場でできます。

ゲームを楽しむために

ボード

ビリヤードのルールは、難しいと思うかもしれませんが少しコツをおさえるだけで誰でも簡単にビリヤードを楽しむことができます。
最もポピュラーなルールですが、ナインボールと呼ばれるものです。
相手よりも先に9番のボールを落とすというシンプルなルールで、他にもビリヤードには「エイトボール」「カットボール」など人数が変わっても遊べるルールがありますので、皆さんでぜひビリヤードをお楽しみください。
麻雀のルールですが、まず大切なことは麻雀牌を覚えることからはじめます。
まず、漢字の一、二、三などと書かれたものを「マンズ」と呼び、マルの個数で数字を表現したものを「ピンズ」と呼び、棒の本数で数字を表現する牌を「ソーズ」と呼び、北・中・東・西などの方角や場所を表現した牌を「ジハイ」と呼びます。
そして牌の種類を覚えたら、イカの3つのことをを知っておきましょう。

1つ目は「4メンツ1ジャントウ」のルールで、2つ目は役を覚えること、3つ目は点数を計算できるようにです。
3つ目はインターネット麻雀の場合は自動的に数えてくれますが、実際に麻雀卓でやる場合には自分たちで数えますので必要です。
これらを1度覚えると簡単なので興味をもたれたかたはぜひトライしてみてください。
ダーツの基本ルールですが、ダーツは1ラウンドにつき3回投げ、それをワンスローという単位で数えます。
矢がダーツボードに刺さらなかったり、落ちてしまった場合でも1回と数えます。
ダーツボードの真ん中黒い部分が最高得点、次に高い点数が赤い部分です。